About US会社概要

1 年後が変わる―。
経営にこそ、広報視点を。

ヒト・モノ・コトの“本来の魅力”を見出し、磨き、戦略的に発信していく―。

SPRILは、全ての人の“今と未来”に喜びを届ける
広報/PRのプロフェッショナルです。

SPRIL に込めた思い

「SPRIL」という名称には、3 つの意味を込めました。

  • Spring
  • April
    4月
  • PR
    PR/広報

何かを始めてみたい、新しいスタートをきりたい、これまでの殻を破ってみたい――。

まさに、そのような気持ちになるのは「春」「4 月」が多いのではないでしょうか。広報/PRをこれから始めたいと思っていただいている皆さんと、共に、新しい気持ちでチャレンジしていきたい、という思いを込めております。

また、「春」「4 月」は、“花が咲く”季節。広報/PR は、活動をしていても結果につながらない苦しい時期もあります。

しかしながら、“種を撒く=最適な広報/PR を地道に行う”ことで、その種から“芽”が出て、「4 月」「春」の季節のように“花が咲く”ときが必ずくる。

SPRIL は、みなさまの広報/PR 活動に大輪の花が咲くよう、サポートさせていただきます。

SPRIL が広報/PR で実現したいこと

“もったいない”をなくすこと

「いいものをつくれば売れる」という、当然のように考えられてきたことも、情報・モノがあふれている今の時代では、通用しなくなってきました。

作り手が、「もの作りのプロ」であれば、私たちは、それを沢山の人に知ってもらうための「広報/PR のプロ」です。

「モノを作る活動」と、「人に知ってもらうための活動」(=広報/PR)は、まったくの別物です。どんなに素晴らしい商品でも、知ってもらわなければ、もちろん買ってもらうことができません。

では、お客様は、いつ・どこで・どのように情報を得て、何を基準に判断して、モノやサービスを購入するのでしょうか?何に興味関心があるのでしょう?

「おしゃれ」と表現するのか、「かわいい」と表現するのか。
このワーディング1 つでも、商品・サービスについて、受け手のイメージは異なります。

また、商品・サービスの知名度を上げるために、メディアに取材してもらいたい、というお声を頂きますが、では、メディア・マスコミの記者の方に対し、どのようにしたら自社商品・サービスを知ってもらえるのでしょうか、取材してもらえるのでしょうか。

広報/PR には、「やり方」があります。お付き合いしていく「メディア・マスコミ」にも、アプローチをする「ルール」があります。

皆様が生み出した最高の商品・サービスについて、広報/PR のコツを知らないがゆえに、数ある情報に埋もれ、認知が広がらず、販売数が伸びないことが本当に“もったいない”。

大手企業でマーケティング、商品PR、企業のブランディングなどに8 年間携わり、上場の広報責任者を経験した代表を筆頭に、主要メディアとのダイレクトなコネクションを多数持つ広報/PR のプロ集団「SPRIL」が、商品、企業、ヒトの魅力をプロの視点で見極め、ブランド戦略を立て、多くの方に知ってもらう活動をサポートして参ります。

代表紹介

広報事務所SPRIL 
代表 福地 聖佳

日本パブリックリレーションズ協会 「PR プランナー」資格保有

経歴

早稲田大学 政治経済学部 政治学科卒業

株式会社セガ (家庭用ゲームのPR/販売促進 etc.)

フリュー株式会社 (広報リーダー/東証一部上場広報 etc.)

現在

広報事務所SPRIL 代表

(一社) 日本スタートアップ支援協会 広報責任者

数々の企業の広報/PRコンサルティングを担当